読みもの一覧に戻る

ゆとり世代エンジニアガールズトーク

ライター: 飯塚歩

2016年03月03日

Img 4221 1024

今回はゆとり世代女性エンジニア対談。


ゆるーく始まった対談。

今回このお三方に女性エンジニアの本音や本音を語り合ってもらいました。


安藤 晴香さん

新卒1年目。

言語はJAVA、現在はSESで決算システムを作っている。

入社前はプログラミング未経験で、大学は農学部でトラクター乗ってました



須藤 槙さん

エンジニア2年目。

グロースハックやWebアプリを作成や、SwiftでiOSアプリを開発中。



堀口 梨佳さん

大学生エンジニア。

インターンでPHP、個人的にはRuby, Unityなどで開発を行っている。



 


この仕事をどう思ってた?



安藤:IT業界って聞くと3Kってよく言われるじゃないですか、

      残業とかもあって激務ってイメージだったんですが、

      実際に企業訪問してみるとそんなことないのかなって。

      最初のイメージはあまりよくなかったかな。



堀口:3Kって何ですか?



安藤:暗い?苦しい?くさい???だったかな?w

      男性も多いし、結構大手だとおじさんとか多いじゃないですか。



須藤:最初はイメージよくなくて…。

      ずーっとカタカタデスクワークしてるようなイメージだったんですよ。

      でも、自分の作りたい物作れればいいかなーって思ってました。



堀口:会社には入りたくないって思ってて、

      インターンで開発するのは楽しいからいいかなって。

      だって大変そうじゃないですか!





安藤、須藤:やっぱりそう見えるのかーw



堀口:インターン入ってるところは全然大変そうじゃないけど、

      お小遣い稼ぎでいいかなぁ〜って。

      就職はしたくないです。



安藤:貴族w



安藤:意外とオタクが多いイメージ。エンジニア = 眼鏡みたいなね。

      でも、そんなことないのかなって。



エンジニアになるきっかけは?



安藤:私は就活したときにエンジニアという職業に初めて出会ったんですよ。

      説明会とかで未経験でもいけるんだって思って。

      逆に、そんな環境に私みたいなのがいたらおもしろいかなって。

      営業とかだったら私みたいなのいっぱいいそうじゃないですかw



須藤:そもそもモノづくりが好きで、大学でもWeb中心にモノづくりしてたんですよ。

      エンジニアと個人的に興味があったマーケティング系で悩んでたんですが

      マーケティングの要素はエンジニアでもできるかなって思って、

      やっぱりモノづくりが好きなのでエンジニアに決めました。



ーで、堀口さんは迷ってないんだよね。



堀口:はい!(キッパリ)



安藤:逆に何かやりたい職業とかあるの?



堀口:え〜と、ユーチューバー?





えっ



安藤:どういうコンテンツで?自分出演ですか?



堀口:自分出演です。



安藤:私の大学の同級生にユーチューバーがいますよ。

      大学の時から馬鹿な動画取り続けてて…。

      は◯◯しゃちょーなんですけど。



堀口:は◯◯しゃちょー大好きで、毎日観てますよ!

   私、友達の誕生日に動画をプレゼントするんですけど、毎回あほなことやってますよ。



安藤、須藤:誕生日待ってますね!



PCは何つかってます?



安藤、須藤:Macですね。



堀口:Macもwinも持ってます。



安藤:形から入りたいタイプなので、カフェとかでMacとか使いたいだけなんですよね。w

      でもMacBookAirなんで、ちょっと小さくて開発には向かないんですよ。



須藤:iOSアプリの開発してるのでMacが必要なのと、開発環境構築するのが楽なんですよね。



職場の男女比率って?



安藤:8:2くらい?



須藤:10%くらいかな?



堀口:インターンの現場は男性3人、女性2人ですね。



女性エンジニアの友達ってどのくらいいますか?



安藤:もともとの友達というよりは、勉強会とかで知り合った人とかしかいないですね。



ー勉強会ってみんな結構行きます?



一同:行きます。



安藤:私は勉強会やイベントで女性が参加してたらすぐにナンパしに行きますね。

      「男性ばっかりですよねぇ〜」から入りますね。


      

須藤:あー、私もよくやりますね。



ーやっぱりまだ多くはないですよね、女性エンジニア。



女性エンジニア、モテたりします?


安藤:もてるって?w

      でも、みんな優しいですよね。

      めっちゃ教えてくれるし。

      ちょっと遅くまで残ってると「早く帰りなよー」とか言ってくれたりとか。


      

須藤:確かに優しいですよね。

      同期には女として見られていない気がしますけどね。



堀口:結構厳しいですよ。

      わからないことは質問しても調べろって言われますしね。



ー女性ならではの恩恵感じるようなところとか



安藤:今いる現場は、女子が2人しかいないんで、ご飯連れて行ってくれたりしますね。

      あと、女子が少ないので名前覚えてもらいやすいし、印象に残りやすいのかも。



須藤:確かに名前は覚えてもらえますね。



安藤:プライベートではエンジニア女子が珍しいから、余計に覚えてもらいやすいですね。



堀口:モテてる感じはないですよー。



安藤:堀口さんはかわいがってもらえそうだよね。



どういう観点で男を査定しますか?



須藤、安藤、堀口:なにそれw



須藤:感覚かな〜?



安藤:堀口さん、しっかりロジック組んでそうだよね。w

      分岐とかしちゃう感じですか?



ーcase 400万、500万、600万、それ以上みたいな?



堀口:あー、自分よりパソコン使えない人はイライラしないですか?



安藤、須藤:確かに!



安藤:私は未経験で入ってるんで、自分よりできないのはNGですね。



安藤:ハードは男性の方が知っててほしいかも。



須藤、堀口:確かに!



安藤;逆に私答えられちゃったら「え?」みたいな感じになっちゃいますよね。w



ー機械音痴の男はいや?



須藤、安藤、堀口:それはいやかもー。


男性と一緒に働いていて、仕事のなかでドキッとするしぐさとかありますか?



安藤:エンジニアって日常的に結構、チャットで会話するじゃないですか。

      個人的に「おつかれ」とか「進捗どう?」とか気にしてくれると

      「あ!」って思っちゃうかも。



須藤:あ〜。



堀口:私は仕事中には特にないですね。



須藤:ドキッとまではいかないですが、気にしてくれたりとかしたらありがたいなーって思いますけどね。



堀口:それやられても特に…ドキッとはないですねー。



コード見てときめいたりしますか?



安藤:Linuxのコマンド早い人はすごいって思う。



須藤:データベースのチューニングとかさらってできちゃう人とか



安藤:あー、かっこいいかも!



堀口:圧倒されるけど、特にときめかないですね!(キッパリ)



ー堀口さん、採点基準辛いですね...!



家事も論理的にできます?


一同:え?どういうことだろう?



須藤:料理自体にそんなに経験はないけど、後で手間がかかるのはいやなので、

      片付けながらやってますね。



安藤:須藤さんすごい手際よさそう!



堀口:え〜、私は考えてやったことないですね。

      毎日料理はしてますけど…。

      料理終わって、ごちゃってなってたりはしないですね。



安藤:堀口さん意識しないでめっちゃ組み立ててそう。



ー作って誰かに食べさせてたり...


・・・・。


・・・・。(食べさせる相手については全員ノーコメントでした。)



生理的に無理なデスク周りの人いますか?



安藤:仕事できないのに、デスクに埃がたまってたり、汚いのは許せないかな。




堀口:コードとかゴチャってしたままカバンに入れたりとかする人は無理です。



須藤:モニターとかPCにいつまでも付箋貼ってる人とかやだなー。




堀口:Enterキーを強く押す人は嫌いです。



安藤:キーボードを地響きのように叩く人は嫌だね。



須藤:頑張ってるのはわかるけど、ちょっとね…お静かにって。w



男性エンジニアに負けないところってなんですか?



堀口:睡眠時間!

      いつも2、3時間しか寝なくても大丈夫なんで。

      楽しくてずっと起きちゃって、そのままインターンに行ったりします。

      眠いとか楽しくて忘れちゃうんですよ。

      だいたい、2,3時間寝ればすっきりするんですけどね。

      残業とか徹夜はしたくないけど…自分の好きなことはずっとやっちゃいますね。



安藤:そんなに寝ないと、コードとかミスりません?



堀口:あります!

      夜レイルズやってて、インターンでPHPやって「あれ?」って思うことあります。

      エラー文とか全然読めなくて、Google翻訳で翻訳すると怒られます。w

      


安藤:私は、場を和ませることは男性よりは勝ってるんじゃないかなーって思います。



須藤:私は、Qiitaの記事を1週間に2記事くらい書いてることですかね。



安藤:記事書いてるってすごいですよね。

      私は記事にお世話になってるほうなので、ありがとうございますって感じですね。w



ずっとエンジニアやっていこうと思ってますか?


安藤:私は三角ですね。

      元々エンジニアになろうと思ってなったわけではないので、

      エンジニアで成し遂げたいこととか特にないんですよね、

      むしろエンジニアというキャリアを積んだ後に、それを生かしていきたいかなーて。



須藤:やっていきたいなとは思っているけど、絶対かって言われると…



堀口:エンジニアにはなる気がないですね。

      趣味では続けていきたいと思っていますけど。




--------------