読みもの一覧に戻る

新卒で入って三カ月経ったけど、新卒エンジニアって今何やってるの?

ライター: たなかひかる

2016年07月13日

Yosx9743 tp v

春だ梅雨だと言っていたのに、あっという間に夏の陽気が迫ってきてしまいましたね。

東京の夏はジメジメして苦手ですが、エンジニアの皆さまはクーラー病に気を付けなくてはなりません。

屋内と屋外の気温差を考えて、屋内では場合によっては一枚羽織っておいた方がよいでしょう。

皮下脂肪が断熱材のエンジニアたなかです。

皆さまこんにちは。


今回は若手のエンジニアが今どんな事をしているのかをアンケートを取ってみたので、そのご報告です。

ゆとりメディア運営チームから「若手のエンジニア向けに、技術的な学習になるような記事を書いてよ」と言われたのですが、WEBエンジニア界隈は技術の成長も人の入れ替わりも激しく、他の業界に比べて全体的に若いです。

ゆとり第一世代と言われる1987年生まれのたなかにとって、今年の新卒は「初代ポケモンを遊んでいないかもしれない世代」という遠い存在です。

そんな若々しいフレッシュなエンジニアが入社してからどんな業務をしているのか…。

そして、どんな技術の壁に阻まれ、どんなことに興味があるのかを聞いてみました。


【詰まりやすい問題は意外と初歩のこと】

業務上あまり高度な事を任せられていないということもありますが

ヒアリングしてみた中で意外だったのは

初歩的な話に躓いている事が多いということでした。

例えば

  • デバッグの方法
  • エラーログの見方
  • 他人のコードの読み方
  • 悩むまでに至っていない

などなど。

最初のごく短い期間で習得してしまい

その後は当たり前に繰り返し行っているようなことなので

先輩エンジニアもついつい教えるのを忘れてしまいがちですし

教えるにしても「当たり前」過ぎて教え方がわからない事が多々あります。

一つずつ超えていきたいものですね。


【それでも目線は高く!技術はどんどん進化する】

一方、「わからなくてもいいから興味がある技術」を訪ねてみたところ

最新の技術についてアンテナを張って情報収集している姿が見えてきました。

  • Docker、Vagrnatなどの仮想環境について
  • AWSやGCPなどのクラウドサーバーについて
  • 人工知能/AI
  • GoLang、Ruby
  • IoT
  • フロントエンドの自動テスト

などなど。

先輩エンジニアでも全てについてきちんと理解して使いこなしている人は

かなり少数になるのではないのでしょうか。

それだけ未来の可能性は多岐にわたっているということでもあります。


【スタートを知る機会を作る連載をしていきます】

技術的にこれから伸びていく、これからの技術を作っていくゆとり世代にとって

スタートの躓きはとても大切な気付きをたくさん与えてくれるものになります。

それと同時に、ネットの力でさっさと解決していきたいですねw

そんなわけで、ゆとりブログ上で

「初心者WEBエンジニアにありがちな躓きを解決する記事」の連載を始めます。

<<ゆとりのある技術解説>>で<<ゆる技(わざ)>>です。

隔週ぐらいで投稿していきますので

何か記事にして欲しい技術などありましたら

お問合せは こちらまで!



次回「何で動くの?PHPの歴史と実行環境について!」でお会いしましょう!