読みもの一覧に戻る

Windowsの操作感をMacっぽくする方法

ライター: 石井雄介

2016年10月21日

1019ishii

こんにちは、プログラマーの石井です。


普段使うPCをMacからWindowsに変えると、

見た目や操作感になんだか違和感を感じませんか?


僕はいつもMacを使って仕事をしていましたが、

先日急にWindowsを使わなければならなくなり、

操作感の違いから小さなストレスが積もっていきました。


今回はそんなストレスを解消するための

「Windowsの操作感をMacっぽくする方法」をご紹介します。



1  フォントをなめらかにする




ずっとMacを使っていた人が急にWindowsを使いはじめると、

ディスプレイに映る全ての文字に対して残念な気持ちを感じます。


これは、Macのフォントが綺麗すぎて、Windowsのフォントがそうでもないことが原因です。


そんなときは、MacTypeというフリーソフトをインストールしましょう。

Windowsのフォントを、Macのようになめらかにできます。

「Windowsでも綺麗なフォントを使いたいあなたにMacTypeを」



2  文字入力の変換キーの位置を変更する




MacとWindowsでは変換キーの位置が異なります。

Macは左手の親指で「英数」、右手の親指で「かな」のキーを押すことで文字入力モードを切り替えられますが、

Windowsは左手小指で「半角/全角」キーを押すことでしか文字入力モードを切り替えられません。

このままだと、左手小指の負担が上昇していきます。


Windowsのキー配置変更についてはこちらのサイトに詳しく書かれています。

「Windowsの変換・無変換キーでIMEの有効無効をMac風に操作する」


適切にキー配置を変更し、左手小指を守ってあげましょう。



3  マウスのスクロールの向きを逆にする




Macでは多くの場合、画面をにスクロールしたいときは指をにスライドします。

これはタッチパッドでもマウスでも同じです。

ところがWindowsのマウスのほとんどは、にスクロールしたいときにホイールを転がさなければなりません。


Macの操作に慣れてしまうと、Windowsで上下スクロールをする度に

画面が予想と逆方向にスクロールしてびっくりします。


そんなときは、慌てずにマウスのデバイスドライバーとレジストリエディタを開きましょう。

特定のパラメータをいじることでマウスのスクロールの向きを逆にして、方向感覚を取り戻すことができます。

「Windows のマウスホイールのスクロール方向を逆にする方法」



4 壁紙をMacっぽくする




見た目から入ることも非常に大事です。

壁紙をMacのデフォルトのものに変更しましょう。

脳がMacを使っていると錯覚するかもしれません。


壁紙はこちらのサイトからダウンロードできます。

「WallpapersWide.com | Mac HD Desktop Wallpapers for Widescreen, High Definition, Mobile」



5  多少の違和感は我慢する




ここまで色々書いてきましたが、何事も慣れることが肝心です。

多少の違和感は我慢して、数日間使いつづけましょう。

きっとMacにはないWindowsの良いところも発見できるはずです。


「Windows 10のいいところをあらためて整理する」


それでは、よいパソコンライフを。